プロフィール

Satochan

Author:Satochan
Atelier Satochanではナチュラルカントリーをテーマにした手作り作品を紹介しています。
楽しんで頂けたらうれしいです。

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
もんた君、いくつ?

最近のエントリー
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Atelier Satochan
Satochanのホームページ 下のバナーから移動出来ます

Atelier Satochanへ

リンク
Ad

Satochanの日記

大好きなハンドメイドを楽しんでいます。

2011.04
01
(Fri)

頑張りましょう 

4月1日。久しぶりにブログ更新します。

今日ね、お友達とスーパーでばったり会ったんです。

ブログの更新が無いことを心配してくれていたお友達。「泣いてないかって心配してたのよ」って。
心配してくれてありがとう。泣いてないよ!私は泣いていられない。
泣いてた人達を支えたいの。
私、頑張る!!

お友達のところに送る荷物に入れる物を用意したり、手芸店のキットの見本作りのお仕事を引き受けて作ったり、他にも頼まれたものとかもあって大忙しで動いています。少しでも多くのお金を私の手で作って被災地の復興のために使ってもらいます。

これ、地震があった日に作っていた箱です。

こぎん刺しのステッチをポイントで入れてみました。
かすりの着物地で作ってみました。



こぎん刺し…、1724年(享保9年)「農家倹約分限令」で仕事着、普段着において木綿が禁止されて、紺麻布を着ていた農民達。
麻は風をとおすので、冬の寒さを防ぐことができなかったんです。それを農家の女性達は麻の糸で刺繍することによって布目を埋めていって、工夫して快適にすごせるようにしたんです。
家族の事を想い、一針一針刺したのでしょうね。

この震災で失ったもの、人、…決して忘れてはいけない。
でも前進しよう。私たちは生きている。
つらい時は立ち止まったっていいんだから、一歩一歩
一緒に歩いていきましょうね。未来に向かって。


日本の人達の心の温度があがったのを感じます。
とってもあったかい。
そしてどんどん一つになっていってる。
大丈夫。日本は大丈夫!!

頑張りましょう日本!










 | HOME |